精密機器

防湿できるフッ素コーティング剤の効果や特徴について

曇ったガラス

防湿効果があるフッ素コーティング剤とは何でしょうか。フッ素樹脂とはフッ素原資と炭素原子が結びついて出来る高分子化合物です。特殊な表面特性を持っており、非粘着性や耐酸性、低摩擦性、撥水撥油性を有します。フライパンやアイロン、薬品などを扱う配管の内面にフッ素樹脂が使用されており、高い利便性を持つことで、工業分野などで多く利用されています。ただし、フッ素樹脂加工において以下のことが実証されています。
・塗布加工する場合は専門工場にて300℃~450℃で施工しなければならない。
・プラスチックやビニール素材のような高温向けではない素材は施工不可能。
・施工の際、透明な膜にならない。
このような欠点を補うために、専用の分子設計により作られたのが、常温型フッ素コーティング剤です。常温型にすることにより、専門工場に頼ることなく各現場などで簡単に塗布することできる、防水や防湿に優れたコーティング剤になっています。コーティング剤になっても、撥水撥油や防汚、防水、防湿、摩擦低減などの性能を有しており、フッ素樹脂加工と同等の効果を得ることが出来ます。そして、フッ素樹脂加工では不可能な、透明な膜にすることが可能なので、用途がさらに広がります。現場で簡単に使用でき、多くの利便性を持つ常温型のフッ素コーティングは様々な分野で活用することができるのでおすすめです。

choices

作業服の男性

フッ素コーティングなら皮革製品の防湿防水対策ができる

皮革製品の魅力の一つは素材の質感から感じられる高級感です。しかし、それも、購入したあとに皮革製品のお手入れを適切に行って、防水や防湿対…

MORE